カテゴリ:朝日 夕日( 4 )

2011年大晦日の朝

d0225595_7343541.jpg



                  今朝7時の空。

                  窓から見える空のグラデーションが綺麗だったので
                  慌てて起きた。



                  カメラを撮りだしレンズを選んでやっと撮る準備が出来た時には
                  ちょっと遅かったな…
     

                  2011年も今日1日で終りですね。


                  普通に仕事して

                  普通に会話があって

                  普通に笑いあって

                  普通に過ごせる毎日。
 
                  特別なことは何もいらないから穏やかにすぎる毎日が
                  大切なことだと知った1年でした。


                  来年がワタシにとっても皆さんにとっても
                  健康で笑顔がいっぱいの日々になりますように…


                  来年も宜しくお願いします。
[PR]
by lusien | 2011-12-31 07:52 | 朝日 夕日

朝焼けに願いを。

d0225595_1561141.jpg


10月も後半になると6時台でも暗いからカーテンは閉めっぱなしなんだけど…
ふと隙間から赤いものが見えたので開けてみた。








昨年も1度見たことのある真っ赤な朝焼け。
思わずベランダに出てみる。


d0225595_1594953.jpg












d0225595_15113566.jpg



どこまでも続く真っ赤な空…
神様からの贈り物なんだと祈りを込める。


今日も1日元気に過ごせますようにと…。
[PR]
by lusien | 2011-10-24 15:16 | 朝日 夕日 | Comments(4)

夕焼け

d0225595_141979.jpg



          久しぶりに綺麗な夕焼けを見た。






d0225595_142114.jpg



          なんとなく寂しい気がして
          ルーちゃんを入れたけど暗くて見えないし…( ̄ェ ̄;) !?

          かといってシルエットでもないし…微妙~~~~~!!
[PR]
by lusien | 2011-07-11 14:06 | 朝日 夕日

日はまた昇る

                                  


d0225595_6254797.jpg


            「君と歩いた道」

      

            このブログのタイトルは大好きな浜田省吾さんの曲からつけました。






                        「日はまた昇る」



                        同じく浜田省吾さんの詩




                     海鳴りの聞こえる丘で 青空を見上げて想う
                     この旅の途中で 愛した人の懐かしい面影を

                     今日まで何度も厄介な事に
                     見舞われて来たけれど
                     今も こうして暮らしてる
                     これからも 生きてゆけるさ

                     夕日が空を 染めてゆく
                     明日の 朝も 日はまた昇る
                     おれが ここにいるかぎり
                     おれが そこにいようといまいと

                     激しい河の流れを 静かに見つめて

                     闇の向こうに何があるのか
                     誰ひとりわからない
                     わからぬことを わずらうよりも
                     今日 この時を 生きていたい

                     河を渡り 谷間をぬって 頂を越えて

                     長い旅路の色んな場所で
                     数えきれぬ人に出会う
                     誰もが 皆 自分の人生と闘っている

                     荒野にひとり君は立ってる
                     行く道は幾つもある
                     だけど たどりつくべき場所は きっとただ ひとつだけ

                      どの道を歩いて行こうと
                      君は君の その人生を 受け入れて楽しむ他ない
                      最後には 笑えるように




                ワタシは何度もこの詩に助けられました。




             写真ブログランキング
[PR]
by lusien | 2011-03-18 06:39 | 朝日 夕日 | Comments(3)